日産が猫バンバンプロジェクト始動

車の隙間に入り込むネコの命をバンバンして救おう!
というキャッチフレーズの下始まったサービス【猫バンバン】。

毎年冬の時期、ネコが寒さをしのぐため車のエンジンルームやタイヤの隙間に入ることによるネコの被害事故が多発しており、これを未然に防ぐため、日産自動車は1月26日に「#猫バンバン プロジェクト」を本格的に始動させました。

同時に特設サイトもオープンさせています。

バンバンとは自動車の隙間に入ってしまったネコにこちらの存在を気づかせようと、乗車前にボンネットをバンバン軽く叩いて車体を揺らすアクションのことで、これによって運転手がネコに気づかず車が発進するという犠牲を減らしていこうというキャンペーンである。

プロジェクトでは、特設サイトや日産自動車の公式SNSを通して、猫バンバンを促すメッセージを継続的に発信していくとのこと。また「のるまえに#猫バンバン」と書いたオリジナルのマグネットステッカーも作成し、特設サイトでプレゼント企画を行っています。

この活動により「冬はネコが車の隙間に入っているかも」という認識が広がって、多くのネコの命が救われるようになれば良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。