27頭虐待した79歳の元ブリーダーが書類送検

飼っていた犬の健康管理をせず虐待したとして、茨城県警は20日、同県常総市の元ブリーダーの男(79)を動物愛護法違反(虐待)と狂犬病予防法違反(予防注射の未接種)の疑いで水戸地検下妻支部に書類送検し、発表した。

常総署によると、男は昨年4月1日から6月30日までの間、自宅敷地内の犬舎で飼っていたチワワやマルチーズなど27頭の小型犬に狂犬病予防の注射を受けさせなかったほか、昨年11月11日ごろ、犬舎内の清掃や消毒をせず、小型犬3頭の死体を放置するなど犬の健康管理を怠り、虐待した疑いがある。男は「予防注射を受けさせる金や掃除をする時間がなかった」などと容疑を認めているという。

茨城県生活衛生課によると、男は動物愛護法に基づく動物取扱業の登録を2007年から受けていたが、「犬を虐待している」という通報を受けて県警が昨年11月に捜査を始めた後、廃業したという。
今ブリーダー業は変革期にある。

たしかにこのような行為をする事は許し難いがこのような行為をする背景にはブリーダー業で生計を立てる事が困難になってきたからであり、廃棄するお金の余裕がないからという。

日本という社会が規律をしっかりと作らず野放しにした結果ではないだろうか。

今のままではこれから同様のブリーダーが更に多く出てくるだろう。

しかし、今のまま現状を見過ごして言い訳がないと思っております。

ブリーダーの方は悩みを抱え込まずにまずは保健所などへ相談をして下さい。

当社でも支援サービスを行っているので悩みや相談は以下のURLよりご連絡ください。
http://satooya-pecon.com

また、昔と違い他にもペットを救うレスキューサービスは多くあります。

手に負えなくなったから動物を放置するという選択肢ではなく、真剣にペットの未来を考え、里親を探す選択肢を選んで欲しいと強く願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。