スマートロボット「CHiP」が凄い

今ペットのロボットが話題になっています。

ペット型ロボット・AIBOが、1999年に発売した時はペットを飼っている方も飼っていない方も遊んでいたのではないでしょうか。

あれから、17年たち、あのときのアイボが生まれ変わったかのような製品、スマートロボット「CHiP」が話題になっています。

お腹をすかしたり、お昼寝したりと、本物の子犬のような表現をする「CHiP」。
スマートバンドテクノロジーにより、飼い主(ユーザー)を認識して後をついて来たり、帰宅を待ちわびたり、ごはんや遊びの催促をします。

さらに人口知能で学習もするんです。

人工知能とともに、適応型パーソナリティを備えているため、命令に従うことも可能だそうです。

わんちゃんを飼っている方からすればロボットと本物のわんちゃんでは全くの別物ですがペットを飼いたくても飼えない方からするととても嬉しい商品ではないでしょうか。

価格:179ドル~(約2万1,000円~)
販売期間:2月5日まで

▼製品の詳細はこちら
https://www.indiegogo.com/projects/chip-the-world-s-first-lovable-robot-dog#/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。