神奈川県動物保護センター×豪華芸能人の殺処分減少動画

神奈川県動物保護センターで昨年度、初めて犬と猫の殺処分ゼロを達成した神奈川県は、11月12日に動物愛護を訴える動画の配信を始めました。

大事MANブラザーズバンドの曲「それが大事」の歌詞を変え歌にした「それが大事〜ペットのいのちバージョン〜」に合わせ、多くの著名人や動物保護団体が出演している。

アイドルグループAKB48メンバー、女優の杉本彩、デヴィ夫人、河村隆一などの著名人らは、県の動物愛護の理念に賛同して約160人が無償で動画に主演している。

同センターの建て替えをする方針で、新施設を殺処分室や焼却炉を設置しない「動物愛護拠点」として整備する。整備費に総額14億円以上かかる見通しで、うち11億円を寄付金で賄いたいとしている。

県保健福祉局によると11月18日時点で、合計1千6万8316円の寄付が集まっているという。

今回のPR動画を同センター建て替えのための寄付金集めに役立てたい考えだそうだ。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。