ペットショップで残されたペット達は・・・

意外と知られていないと思います。
ペットショップで売れ残ったペット達はどこへ行くのか?どうなるのか?

実はペットショップで売れ残ると冷凍して処分する、もしくは河川敷、山奥に捨ててしまうのです。

先日、栃木県鬼怒川の河川敷と那珂川町のがけ下で、チワワやミニチュアダックスフンド、トイプードルといった小型犬約80匹の死骸が発見されるという事件も起きました。

ペットもペットショップからすると一つの在庫という考え方で、残ると当然のように保管場所の経費がかかります。
そうなると当然在庫焼却をしていくのです。
オークションで落とされた動物達は飼い主が見つかるか、見つからないかで生死が決まるのです。

またまだ国内では規制が緩い為、今後もこの現象は止まる事はありません。

弊社としてはこういったペット達を一頭でも多くレスキューしていきたいと思っています。

早く法改正され、ペットと人が共生できる世の中になる事を願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。