野良猫の「一斉不妊化」は、人間のエゴなのか

徳之島の手術会場近くにいた「さくらねこ」。右耳の先端がV字カットされている
片耳の先端をカットされた猫を街中で見かけた人は、意外と多いのではなかろうか。
これは不妊手術を終えていることの証なのだ。見分けをつきやすくするために切り込みをV字にすることが多いため、耳の形から「さくらねこ」と呼ばれる。飼い主のいない猫のお守りとして、全国各地に広がりつつある。

3回連載の第2回は、鹿児島県南端の徳之島の猫を一斉にさくらねこにする取り組みを通じ、洋の東西を問わない人と猫との関係について考える。
第1回「なぜ飼い犬が減り、飼い猫が増えているのか」徳之島は鹿児島県の奄美群島に属する離島。約2万5000人が住み、徳之島町、天城町、伊仙町の3つの町から成る。
日本の医学界に旋風を起こした徳洲会や、かつて長寿世界一に認定された泉重千代さんでも知られる。

この徳之島では猫の野放しが一般的で、今年6月までは小動物向けの病院さえ存在しなかった。
そんな徳之島で、島内のすべての猫に不妊手術を施す前代未聞のプロジェクトが進んでいる。
すべての猫に不妊手術を実施

徳之島の位置(徳之島町役場のサイトより)
プロジェクトの主体は、公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)。
2014年11月に開始したこのプロジェクトの目的は、約3000匹いるとみられる島のすべての猫を不妊手術をすること。
世界自然遺産認定を目指す上で不可欠な要素であるアマミノクロウサギが猫に捕食されて絶滅の危機に瀕していることから、3町の依頼で実現した。

事業名は「徳之島ごとさくらねこ一斉TNRプロジェクト」。
TNRは捕獲(トラップ)、手術(性を中立にするニューター)、放出(リターンやリリース)の略。自然の摂理には反するが、子猫が生まれて遺棄や虐待、殺処分されるのを止められる。
手術後の猫も糞尿の臭さが和らぎ、喧嘩する率も小さくなる。何より一代限りだと分かれば、猫を嫌いな人からの反発が薄まる。

筆者が徳之島に着いた11月7日は、第5次出張手術の3日目。気温28度という暑さの中、まず目に入ったのは特産品のジャガイモを入れる箱を改造したケースや金属製の捕獲器の列だった。中に1匹ずつ、猫が入っている。

冷房の効いた手術会場。最初のテーブルでは獣医師がケース外から麻酔薬を投与する。

子猫に大人の猫と同量の麻酔を打つと死んでしまいかねないため、注意深く量を調節しながら瞬間芸のように注射していく。

麻酔が効いたのを確認すると箱から出し、ノミ取り薬や抗生剤、ワクチンを打つ。

次のテープルでは手術する部分の毛をバリカンで剃る。

オスは生殖器周辺、メスは下腹部だ。そして耳の先端をV字カットし、傷口をはんだごてで消毒する。残酷に見えるが、手術済みの証としてマイクロチップを埋め込んだとしても、読取装置の規格が複数存在するため実際の役には立ちにくい。現状ではこのやり方が、視覚的に最も効果的なのだ。

「神業」の連続、獣医3人で1日108匹
そして、猫たちは奥にある手術台に固定される。オスは睾丸の間にカミソリを入れて精巣を、メスは下腹部を切って卵巣と子宮を摘出する。傷口はわずか1センチ前後で出血はほとんどない。縫合には自然に溶ける糸を使う。手術の時間は長くても10分弱だ。

最後のテーブルでは、耳の掃除や目薬をさすなどのケアをする。

麻酔が効いている間、猫たちは例外なく目を見開いているのだ。

その後、ケースに入れ直して翌日まで休養させ、飼い主の元や捕獲場所などに戻す。まさに神業の連続だ。
 
どうぶつ基金の佐上邦久理事長は「ここのノウハウや技術は世界最先端だ」と胸を張る。

獣医師は国内外での手術経験が豊富な同基金顧問の山口武雄氏に、その教え子2人を加えた3人。各町の職員やパートからなる現地スタッフと連携して、この日1日だけで108匹を手術した。

時には「急患」も入ってくる。

毒蛇のハブに腹部を噛まれた子猫が運び込まれ、40針を縫う大手術によって一命を取り留めた。泉重千代さんにちなみ、長生きを願って「しげちゃん」と名付けられていた。
「無料」の神通力で1976匹を手術
第5次手術が完了した8日までに手術が済んだ猫は計1976匹。申告による内訳は飼い猫481匹、野良猫1495匹だ。これだけの数が集まったのは、すべて無料だからだ。

猫に付けられた整理用タグには、毛並みが美しいのに「飼い猫」ではなく「ノラ猫」だとされたものが大半だった。各町の条例に基づき徴収される飼い猫登録料500円を惜しむ人が多いためだという。
6月に開業した島内初の動物病院では、オスの手術に1万9440円、メスでは2万7000円かかる。ワクチン代などは別だ。この基準を適用すると、どうぶつ基金が2000匹弱に実施した医療行為の額は約6480万円となる。

佐上氏は成功した起業家で、犬や猫のTNR活動に古くから携わってきた。
2006年に、ボランティア仲間で同基金の会長だった山口氏に乞われ理事長に就任。北は青森から南は石垣島まで不妊・去勢の出張手術を行い、行政による殺処分減にも寄与してきた。

手術の翌日、米田氏に放されるさくらねこ
手術後の猫を放しに行く軽トラに乗せてもらった。ハンドルを握る徳之島町住民生活課の米田博久・課長補佐によると、島の猫は「基本的に放し飼いで、不妊手術する意識も無かった」。ネズミを退治して豚の感染症を媒介する小鳥を食べるため畜産農家などで重宝はされるものの、「そこらへんにいる存在」に過ぎなかった。

米田氏は一斉TNR実現の理由を「希少種のアマミノクロウサギを守りたいという住民の意識が強かった」と語る。

9日に天城町役場で行われた感謝状贈呈式でも、大久幸助町長が「クロウサギ保護の効果が出てきた。(TNRが)全て完了すれば世界遺産登録に向けた大きなヤマを越える」と、今後も協力を続ける意向を示した。
佐上理事長は「3000匹の一斉TNRは世界でも初の試みだが、猫の繁殖力は異様に強い。ここで手を緩めれば数年後には元の木阿弥だ」と力説した。2016年度末までに手術を3回続け、残りの約1000匹をさくらねこにする計画だ。

ここまで読んできて、徳之島の一斉TNRは愛護精神ではなく「世界自然遺産」が起点であり、意識が遅れていると感じる人も多いだろう。実際、動物愛護団体などからは、「殺処分ゼロ」で先進的な英国やドイツを、日本も見習うべきだとの声が強い。

しかし、話はそんなに単純ではないようだ。国立国会図書館の遠藤真弘氏による論文「諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況」(2014年9月発行、「調査と情報」シリーズ830号)によると、ドイツでは国内500カ所以上ある民間の動物保護施設での殺処分は基本的に禁止だが、施設に空きがなければ緊急措置として受け入れを制限できる。

その先に何があるのか。ドイツでは人間の居住地から一定以上離れたところにいる犬や猫は駆除対象とされ、飼い主の有無にかかわらず合法的に射殺できる。管理できない相手には冷たいのだ。年間で猫40万匹、犬6.5万匹が殺されていると指摘する愛護団体もあるという。

ドイツと徳之島、どちらが猫に優しい?

連載第1回でも紹介したが、2013年度の日本の行政による殺処分数(病死や事故死も含む)は猫9万9671匹、犬2万8570匹だ。

一方、同論文が引用した全米人道協会の推計によると、米国の動物保護施設で2012〜13年の1年間に殺処分された健康な犬猫は約270万匹。これでも1990年代のTNR定着などで、1970年代の年1200万〜2000万匹からは激減した。

徳之島空港で見かけたポスター

英国でも最大で年4.2万匹の犬猫が処分されている、と同論文は指摘する。日本と同様、その大部分は病気やけがに伴う安楽死だが、施設に空きがないとの理由で健康な犬猫も殺されているという。
徳之島でも「そこらへんで生まれた」猫が、経済的な事情などから不幸な目に遭ってきたかもしれない。だが、ドイツのように問答無用で射殺される例は少なかったのではないだろうか。銃社会ではない日本の長所でもある。海外の例は参考にはなるかもしれないが、盲従する必要まではないだろう。
手術の現場で、麻酔にかかった猫たちはみな、目を見開いていた。人間のエゴのために、子孫を残す権利を奪われることに抗議しているようにも見えた。
しかし、猫の保護と里親探しに関わってきた筆者としては、世界自然遺産登録という動機はさておき、徹底的なTNRは必要だと考える。猫の繁殖能力はすさまじく、数匹取り逃がしただけでも、数年後にはその地域の野良猫の数は元通りになってしまう。そうして急増した猫は感染症、事故、虐待、殺処分などにさらされる。
なんとか保護をしたとしても、きれいごとで済む話ではない。
病気の子猫や、出産の連続でぼろぼろの体になった母猫が自分の腕の中で死んでいく時の心情は、 筆舌に尽くしがたい。人間の勝手なエゴかもしれないが、この不幸な連鎖は食い止めるべきなのだ。
参考:YAHOO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。