ペットの寿命が伸びている

犬の平均寿命は30年で約2倍になったとされている近年ではペットが家族の一員として、大切に育てられるようになっているのです。

買い主の愛情に触れてペットの寿命は伸び、高齢化も進んでいます。

その背景には、食事、医療、運動など、人間並みの商品・サービスも目白押しです。

そんな現在のペットの平均寿命はなんと犬は14.17歳、猫は14.82歳なのです。

昔は飼育というよりあたりを彷徨う野生動物とされてきましたがそんな犬猫は家族として迎えられ今日に至るのです。

いま、日本の犬は人間同様に7歳以上の高齢犬が53.4%を占める超高齢化社会ですが年老いた犬を預かり、食事や排泄、投薬などの介助を行う老犬ホームも急増中です。

これから寝たきり老犬の増加、なんてことにならないようにする必要があるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。