拡大するペット市場に新たな販売規制

 

拡大するペット市場に新たな販売規制が設けられる可能性が出てきました。

国会内­でペットの販売規制を訴える会合が開かれ、NPO団体などが生後8週以下の子犬・子猫­の販売禁止の必要性をアピール。超党派による議員立法で動物愛護管理法の改正案を通常­国会に提出する構えです。

一方、業界団体はこうした規制に反対しています。

ペット販売­のコジマ亀戸本店では、規制が設けられても売れ行きへの影響は少ないとしつつも、ブリ­ーダーの飼育期間が長くなることで子犬の販売価格が高くなる可能性を指摘しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。